2008年09月27日(土)

笑い飛ばして。


2008年09月09日(火)

秋晴れです。


もー、会えないんだな。嘘みたいだな。眠り方も忘れたみたい。
いずれにせよ、夢の外だ。君がいないんじゃなぁ。
あー、恋しくなる。苦しくなる。どうにかなる。
触れない距離、積もる月日、それらがいま二人を離していくところ。

悲しみコードは爆音です。
君の声も聞こえない、届かない。
ざわめく風が薫る、るる──────。

アローンアゲイン
頼りない世界。グルグル、いつまでも回る。
うずまく心は七色。また会えるのかな?
ハロー、ハロー、届いたなら
悪戯にワンダフルワールド。

      Plastic Tree ─ アローンアゲイン、ワンダフルワールド

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

「ちぐはぐな感じ。」を読んでくださっている皆様へ。

更新がだいぶ滞りました。
もしも、楽しみにしてくださっている方が
いらっしゃったら申し訳ありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8/25(月)の朝に、私の父が亡くなりました。

本当に自分勝手というかマイペースな人でした。
そして...
人間が好きで、動物が好きで、音楽が好きで、
写真を撮るのが好きで、詩を書くのが好きで、
お酒が好きで、たばこが好きで、散歩が好きで。

思い出せば思い出すほど、自分のことを書いているようで
血は争えないものだと改めて実感しています。

身内が余命宣告をされ、亡くなった後に
「覚悟はしていたから。」
と多くの残された人はこう言います。
私もなにか言われたら同じようなことを。

けれど、覚悟をしていたところで、
つらく悲しいことに変わりはなく、
一緒にしたこと・見たもの・感じたこと、
何気ない出来事の記憶が、ふとした瞬間に蘇る。
そんなことを頭の中で繰り返す毎日です。

なんて締めたらよいのかわかりませんが
まあ、、とりあえず元気です。
心も落ち着いたので、また日記も
書き始めようかなと思います。

心配してくださった方、ありがとうございました。(ぺこり)

No.2040 君に捧げる 天使